沿革

会社沿革

1927 創業(日本ビクター蓄音機株式会社)、SPレコード生産開始
1930 横浜に東洋一の蓄音機レコード工場建設
1958 ステレオLPレコード国産第一号
1962 神奈川県大和市にレコード工場(大和工場)建設
1969 大和レコード工場全自動LPプレス設備完成
1972 LPレコード1億枚生産達成
1976 最新鋭レコード工場(林間工場)完成
1983 VHDディスク開発・生産開始
1984 CD(12cm)生産開始
1988 CD(8cm)生産開始
1989 JVCモノライン開発導入
1994

ISO9001認証取得

K2レーザカッティング発表

1996 DVD生産開始
1997 ISO14001認証取得
2005 圧縮音源の高品質技術 "net K2"をビクターエンタテインメントと共同開発
2007

高音質(※) SHM-CDをユニバーサルミュージックと共同開発

日本ビクターより分社 ビクタークリエイティブメディア株式会社設立

2008 株式会社IMAGICAと業務提携
2009

凸版印刷株式会社と業務提携

Blu-ray生産開始

2013 ISO27001認証取得
2014

CDSA CPS 認証取得

社名を株式会社JVCケンウッド・クリエイティブメディアに変更

2016 神奈川県横須賀市に本社工場移転
 

  

 (※)高音質とは、マスターに対する高忠実再生の意味で、音質に関する評価は再生環境等により異なります。